アクリル製バックボードの見極め方

低価格帯に見られる透明のアクリル製バックボード。バスケットゴールの中でも低価格〜中価格のラインナップに採用されています。 透明樹脂の製法は比較的簡単ですが、材料や配合、製造過程、厚みなどにより、製品の品質が大きく変わりま・・・

強化プラスチック製バックボードのチェックポイント

低価格帯に見られる色付き(透明ではない)の強化プラスチック製バックボード。バスケットゴールの中でも低価格のラインナップに採用され、その種類はまさに「玉石混合」です。 素材の加工は中国製でも先進国の製造品と遜色ないものを作・・・

バスケットゴールの良品の見分け方

これまでも幾つか詳細解説で書いてきた「ベースタンク」「リング(リム)」「バックボード」「高さ調節機能」など、主要部位を確認する事でコストパフォーマンスの高い良品を見分けることができます。 それ以外では、購入するサイトの情・・・

ベースタンクとは?重要なポイント

ベースタンクとはバスケットゴール・システムを支える最も重要なパーツです。この作りが悪いと立てる事すら困難になります。 ベースタンクのチェック・ポイント 堅牢性|コーナ部や、上の部分はかなり高い強度が必要 材質|多くはプラ・・・

日本で扱っているバスケットゴールは高い?

日本国内で扱っているバスケットゴールは、米国より割高な場合が多いです。例えば299ドル(送料別/税別)の商品は国内ですと4~5万円します。1ドル=100円計算すると29,900円。1万円~2万円の差額。暴利なのでしょうか・・・

バスケットゴールの高さ調節機能の詳細

バスケットゴールの高さ調節機能には複数のタイプが有ります。基本的に価格が高い製品程、高さ調節は簡単にできるようになっています。 高さ調節機能の名称 テレスコープ方式 ラチェットリフト方式 クイックアジャスト方式 ストロン・・・

バスケットゴールの高さ調節機能とは?

家庭用バスケットゴールには「高さ調節機能」がついています。全年代に対応して長く使用してもらうためです。 ミニバス、公式バスケ、そして収納 モデルにより違いはありますが 230cmくらいから自由にまたは数段階に分けて305・・・

バスケットボールのリングについて

バスケットゴールのリングの規格 バスケットボールのリング(リムとも呼ばれる)の直径は内径45cmと定められています。これは、年齢やゲームの種類を問わず、ミニバスでも一般男子で同じ大きさです。 ボールの直径が小学生が使用す・・・

アクリルとポリカーボネートはどちらが良い?

バスケットゴールのボードに使用されるアクリルとはアクリル樹脂を指します。透明度が高く、高い耐久性を誇り、様々な製品に多用されています。同じ有機ガラスとしてポリカーボネートがある。ポリカーボネートも透明度と耐久性が特徴です・・・

SPALDING (スポルディング)

SPALDINGは本場米国のNBA公式スポンサーでもあり、国内でもbjリーグにユニホームや公式球の提供を行っています。 スポルディングの歴史 スポルディングはゴールというより「各球技の公式球」として有名です。世界初の野球・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ